国家に献身した真の英雄たち #32

及川幸久です。アメリカでは、5月の最後の週の月曜日は「メモリアルデー」と言って、アメリカの過去の戦争で戦死された方を追悼する日になっています。

アメリカ合衆国大統領は、この日は必ずワシントン郊外にある「アーリントン国立墓地」に慰霊に行きます。

アメリカの合衆国大統領であり、米軍の最高司令官としてもっとも大切な任務の一つなんですね。

アーリントン国立墓地

日本でいえば、靖国神社に天皇陛下や内閣総理大臣が参拝に行くのと同じです。まあ、残念ながら日本は今、そうなっていませんが。

今日のTwitterは、トランプさんのこの日、5月29日のTwitterです。

「私は今日このあと、アーリントン墓地に眠っている私たちの勇敢なる男女兵士たちのために、敬意を表しに行くことが大変楽しみだ」

このように書いています。

私は、アメリカに住んでみて一番勉強になったと思うことは、普通のアメリカ人たちが、アメリカを守るために戦った軍人たちに対して、リスペクト(尊敬)しているということです。

例えば、空港のビルの中でアメリカの軍隊の制服を着た人たちが集団で動いている時があります。そういう制服を着た軍人の人たちに気づいたら、空港にいる人たちはすぐその道をあけて、そして全員が拍手で彼らを送っていくんですね。

また、自分が乗っている飛行機にたまたま1人でも制服を着た軍人がいたら、必ずその飛行機のCA(キャビンアテンダント)は機内アナウンスで「今、この機には光栄なることに、○○さんという軍人の方が搭乗しています」とアナウンスして、機内にいる乗客たちは皆全員で拍手をします。

皆、よく知っているんです。

自分たちのこの生活が、アメリカ軍一人ひとりの命を懸けた奉仕によって、成り立っているということを。

(下:アメリカン航空のCM)

トランプ大統領初の議会演説

さて、アーリントン国立墓地を訪れる3カ月前、トランプ大統領は、大統領に就任してはじめて、アメリカ議会で演説をしました。この日のトランプ大統領の演説は、皆が大注目だったんですね。というのは、選挙期間中、トランプさんというのはいつも失言・暴言を続けていたので、大統領として議会でいったいどんな演説をするのか、皆注目していたのですが、まったく予想外に、静かな語り口による演説でした。

そして、スピーチの途中でトランプさんは、アメリカ海軍のある兵士、ライアン・オーエンズという人のことを語り始めます。

ライアン・オーエンズは、この1カ月前に中東のイエメンで、テロリストとの戦闘の中で戦死しています。この人は、トランプ政権が始まってから初のアメリカの戦死者なのです。

そして、このライアンが属していたのはアメリカ海軍の特殊部隊、SEALSです。SEALSというのは、あのアルカイダのビン・ラディンを殺害した部隊です。

そしてこの時もイエメンで、非常に特殊なアルカイダ系のテロリストとの戦闘の中にいました。そして、彼は戦死します。

トランプ大統領と娘のイヴァンカ・トランプは、このライアンが戦死したあと、遺体がアメリカ空軍の基地に帰ってくるまで、基地で出迎えていました。そして、この日の議会での演説の中で、トランプさんはライアンのことを、こういうふうに言います。

「ライアンは、アメリカとアメリカ国民を守るために、偉大なる任務を果たした。そして彼のLegacy(遺産)は、アメリカの歴史に永遠に刻まれる」

実は会場には、このライアンさんの奥さんが招かれていました。

会場にいる人たちは、奥さんがいることは皆知っていますので、このトランプさんの言葉を聴いて全員が総立ちになり、奥さんに向かってスタンディングオベーション、拍手をしました。

この拍手を受けた奥さんは、一人、涙でいっぱいになっていました。その涙顔の奥さんに、会場にいる人たちはずっと拍手を送っていました。

CNN  YouTubeより https://youtu.be/1y7soOGq5z0

トランプさんのこの演説というのは、1時間にもわたる演説なので、事前に原稿が用意されているんですね。しかしこの時、どうも原稿にはなかったアドリブのような言葉を、トランプ大統領は言い始めます。

傍聴席にいるライアンの奥さんに、語りかけ始めるんです。

「ライアンは今、この場所にいるよ。この上のほうにいて、上から私たちを見ているんだ。そしてその表情は、とても幸せそうだ。なぜならば彼は今、アメリカの歴史を塗り替えたから」

こんなことを言い始めるのです。

これを聴いたライアンの奥さんは、一瞬で表情が変わって、涙の顔から笑顔いっぱいに変わります。その笑顔に変わった奥さんに、会場にいた人たちも皆、喜びの拍手をもう一度向けるんですね。

その拍手は、なりやみませんでした。

CNN  YouTubeより https://youtu.be/1y7soOGq5z0

私は、アメリカの大統領が議会で演説するのを毎回聴いていますけれども、こんな演説は聴いたことがありません。

そして、大統領の議会の演説で感動して涙が出たのは、この時が初めてです。

「あの瞬間、彼は本物の合衆国大統領になった」

ヴァン・ジョーンズ

この演説を、翌日、アメリカのメディアは一斉に報道します。そして、アメリカメディアの中で、いつもトランプ大統領に対して辛辣な批判的なコメントをしている、あのCNN。特にこのCNNのコメンテーターにヴァン・ジョーンズという人がいるのですが、この人がコメントをしています。

このヴァン・ジョーンズは、トランプさんの前の大統領であるオバマ大統領の、ホワイトハウスのスタッフだったのです。

ですからトランプさんとはまったく考え方が逆でで、いつも批判的だったこのヴァン・ジョーンズが、トランプがあの議会でライアン・オーエンズの奥さんに語りかけた言葉、その言葉に対して、

「トランプはあの瞬間、本当の意味で合衆国大統領になった」

こういうコメントをしているんですね。

実はアメリカのマスコミは、このCNNのヴァン・ジョーンズのこのコメントのほうに驚いてしまって、このコメントが大ニュースになってしまったんです。

アメリカをもう一度、偉大な国にしよう

トランプ大統領の公約は、〈Make AMERICA great again(アメリカをもう一度偉大な国にしよう)〉。

かつてのアメリカは、“アメリカの使命とは世界を自由と繁栄に導くことである”――このことを大統領や政治家だけでなく、普通の国民も皆信じていました。しかし今のアメリカは、経済が衰退し、特に中間層の生活は疲弊し、前の大統領だったオバマさんは、「アメリカはもう世界の警察官ではない」と、大統領自身がアメリカの衰退を認めるようなことを言っていました。

しかし、トランプ大統領は“Make AMERICA great again”、「もう一度アメリカを偉大な国にしよう」これをアメリカ国民に訴えるために、この議会の演説の中で、国家のために命を捧げたライアン・オーエンズという一人の偉大なるヒーロー、英雄を採り上げて、国民に語りかけたわけです。

「偉大な国」とは、経済の力や軍事力だけではできません。

国民一人ひとりが真の意味での英雄、真の意味でのヒーローに対するリスペクトが必要です。

アメリカのアーリントン墓地に祀られている人々、日本の靖国神社に祀られている人々、真の意味での私たちのヒーローです。

私たちはこの英雄たちを、決して忘れてはいけない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中