トランプ政権はパレスチナ問題を解決できるか? #28

及川幸久です。トランプ大統領は今、中東からヨーロッパへ向けての、大統領就任後、初の外国訪問をされています。前回のトランプチャンネルでは、イスラエル訪問を採り上げました。今回は5月23日に訪問したパレスチナ訪問をきっかけに、前回と同様、中東問題を採り上げてみたいと思います。

トランプ大統領はパレスチナを訪問し、パレスチナ自治政府のアッバース大統領と会談をしました。その会談後に、パレスチナ自治政府のTwitterに、こういうツイートが出ています。

「アッバース大統領は記者会見で、こう言っている。パレスチナの自由こそが、(世界の)平和と安定を実現する鍵である」

こういう言葉がツイートで出ていますが、これは記者会見で実際にアッバース大統領が話した言葉です。

パレスチナ自治政府 アッバース大統領

トランプ大統領とアッバース大統領の共同記者会見があったのですが、この中でアッバース大統領が言ったことは何か。それは大きく分けると2点です。

1つ目は、「トランプ大統領と会談をして、希望が持てた」

このパレスチナ問題は、イスラエルとパレスチナの和平が長年の問題ですが、今は暗礁に乗り上げていたわけですね。もう解決不能だと思われたこの問題ですが、しかし今回トランプさんと話してみて希望が持てた――それを、正直に話していました。

そして2つ目は、このツイートにあった話ですね。「このパレスチナの自由と独立こそが、パレスチナの問題だけではなく、世界平和実現の鍵なのだ」と。

これは非常に大げさな言い方に聞こえますが、真実かもしれません。それくらい、このパレスチナ問題の解決というのは、世界のありとあらゆる問題の中で、もっとも難しい問題だと言われています。

では、このパレスチナ問題のポイントについて、簡単に振り返ってみたいと思います。

パレスチナ問題とは

今から約2000年前、西暦70年頃、ユダヤ人の国が当時のローマ帝国に滅ぼされました。それ以来、ユダヤ人たちはいわゆる放浪の民族、世界にバラバラに散っていくわけです。

そして20世紀、あのヒトラーのユダヤ人の大迫害がありました。

戦後、世界はこのユダヤ人に対して、非常にかわいそうだということで、ユダヤ人の国を建てることを許してあげようと。その“許された場所”というのが、中東のパレスチナ人が住んでいる地域です。この地域にユダヤ人の国「イスラエル」を建国することを許したのは、欧米なんですね。主にアメリカとイギリスです。

しかし、このやり方が、まずかった。

そもそも、パレスチナ人が住んでいる地域に、無理やりユダヤ人たちを移民させ、そこに一つの国を造らせた。そもそもパレスチナ人が住んでいた国というのは、日本でいうと四国ぐらいの小さな地域です。

そこに何十万、何百万というイスラエル人たちが入ってきた。

土地を奪われたパレスチナ人たちは、それは怒りますね。怒るのも当然です。そうしたら、次から次へと入ってきて、どんどん力を持ち、武器も持ち始め、どんどん強くなってしまって、それが脅威になってしまった。

その結果、いわゆる中東戦争、イスラエルとアラブ諸国との中東戦争が何回にもわたって、繰り返し続いたわけです。

ただ、この問題の根底にあるのは何かというと、あの「十字軍」なのです。

今から千年前、キリスト教とイスラム教は十字軍の戦いを通して、血で血を洗う戦いを続けていました。しかしそれは決着がつかず、現在に至っています。

今、キリスト教側は、イスラム教側と戦うために、このイスラエル、ユダヤ教と組んで戦う形になっています。

また、このイスラエル側も独自では戦いきれないので、主にアメリカですね。キリスト教側を引き込んで、アラブ・イスラム教側と対立するという、「十字軍」以来のユダヤ・キリスト教 V.S.イスラム教という対立構図が、そのまま残っているわけです。

しかし、宗教という観点でもっと古くさかのぼって見てみると、この中東には、イスラム教ができるはるか前に、マニ教やゾロアスター教という宗教がありました。今はそれはありません。

なぜなくなったか。

それは、キリスト教が滅ぼしたからです。

このキリスト教によって滅ぼされた中東の宗教。その恨みが現在も、「パレスチナ問題」として残っているわけです。

この問題の根源をさかのぼると、2000年以上にわたる問題なのです。

エルサレムを誰が統治するか?

このエルサレムの東側にある旧市街地、ここは主に正方形の形をしており、それを4分割しているんですね。1つはイスラム教地区、2つ目がユダヤ教地区、3つ目がキリスト教地区、4つ目がアメリカ地区。この4分割した地域で出来上がっています。

この地区を誰が治めるかというのが、大問題なんです。

イスラエル ヨルダン川西岸の障壁、イスラエルとパレスチナ間の紛争のシンボル

イスラエルの首都は、いったいどこでしょうか? イスラエル自身は、このエルサレムだと言っています。しかし、国際社会はそれを認めていません。

国連は、「イスラエルの首都はあくまでもテルアビブだ」と言っています。また一方で、パレスチナは、「旧市街を含む東エルサレムがパレスチナの首都だ」と主張しています。

実際には、このエルサレム全体をイスラエルが実効支配しています。こういう複雑な状況になっているんですね。

米国大使館のエルサレム移転

その中でトランプ大統領は選挙戦の時から、一つの公約をしています。それは、今、テルアビブにあるイスラエルのアメリカ大使館をエルサレムに移す、という公約です。

これは実は重要な公約で、何を意味しているかというと、アメリカ政府が正式にイスラエルの首都をエルサレムだと認める、という意味なのです。実はアメリカ政府ではなくアメリカの議会は、90年代にすでにこれを認めています。イスラエルの首都は、あくまでもエルサレムなのだと。

そして、アメリカ大使館をエルサレムに移すという法律まで、もう作っているのです。

しかし、歴代のアメリカ大統領は、それを実行してきませんでした。アラブ側との軋轢が出るからです。これを大統領令で凍結してきたのです。

トランプ大統領は、それをどうするか。それはこれからです。

中東問題を解決する本当の“鍵”は“地球レベルの意識”

さて、この中東問題の本質は、いったい何でしょうか。

この問題にかかわっている人たちは、皆言うんですが、「これはあくまでも領土問題なのだ。決して宗教の問題ではありません」と、皆言います。宗教問題だと認めたくないんです。しかし、これはどう考えても、この中東問題の本質は宗教の問題です。

確かにイスラム教やキリスト教、ユダヤ教、それぞれが誕生した時代も、それから地域も、民族も違います。これらの宗教は、こういう時代や民族によって、大きな影響を受けています。

これらの宗教に欠けているものがあります。それは何かというと、地球レベルという意識です。

なぜならば、これらの宗教が誕生した時代には、そもそも地球という概念がありませんでした。しかし、今はどうでしょうか。交通手段や通信の手段が非常に発展しているので、この「地球レベル」という意識ができています。

私自身、日本にいながらアメリカのラジオ番組に、国際政治コメンテーターとして電話で出演しています。時差はありますが、この電話でアメリカのラジオ番組に出演して、北朝鮮問題が起これば、この北朝鮮問題は日本ではどんなことになっているか、ということを、アメリカのリスナーに直接コメントしています。

この地球レベルの意識がつくられている現代と、民族意識レベルのこの宗教、このレベル感が合わなくなっているんですね。

ユダヤ教というのは、イスラエルの光です。

イスラム教は、アラブの光です。

確かに、こういう光は必要です。

しかし、今本当に必要なのは、地球の光と思うのです。

アッバース大統領が言うとおり、このパレスチナ問題を解決するということは、この世界平和を実現する、その鍵になるでしょう。しかし現状のこの宗教の意識のままでは、この問題の解決は、ほぼ不可能でしょう。

しかし、現状の宗教や民族の意識、その違いを超えた“地球レベルの意識”というものが、今必要だと思うのです。

この“地球レベルの意識”こそが、中東の問題を解決する本当の“鍵”ではないでしょうか。

私は、そう思います。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中