トランプのイスラエル訪問は歴史を変えるか? #27

及川幸久です。

トランプ大統領は就任後、初の海外訪問の地として、中東を選びました。中東のサウジアラビア、イスラエル、そしてパレスチナ、まずこの辺を今回っています。

中東のことというのは、我々日本人にとって非常にわかりにくいですね。今日はこのトランプさんの、特にイスラエル訪問、これをきっかけに中東についての基礎知識をカバーしていきます。

Twitterは、イスラエルのネタニヤフ首相のTwitterを見ていきたいと思います。

ネタニヤフさんは、こう言っています。

「今日は歴史的な一日だった。私はトランプ大統領がウエスタン・ウオール、エルサレムにある「嘆きの壁」をアメリカ大統領として初めて訪問してくれたことに感謝している。彼こそ、イスラエルの真の友だ」

このように、トランプ大統領との会談のあと、ものすごく感情的に喜びをストレートに表したようなツイートをしています。

トランプとネタニヤフの関係

イスラエル ネタニヤフ首相

もともとトランプ大統領とネタニヤフさんとの関係というのは、古い友人関係なんですね。ネタニヤフさんはトランプ大統領が出てくる前、アメリカの大統領はオバマさんでしたから、このオバマさんとの関係でものすごく苦しみました。

オバマさんは、ネタニヤフのイスラエル首相選挙に、アメリカから介入しています。ネタニヤフ政権を倒してイスラエルにもっとリベラルな政権を立てようとしたんですね。それにもめげず、ネタニヤフさんは選挙に勝って再選するのですが、そのあと今度はイランとの問題で、オバマさんとは非常にもめて、ネタニヤフはオバマに対してカンカンに怒ったんですね。

そのあとオバマ政権が終わって、出てきたのがトランプだったわけです。

トランプさんとは、ネタニヤフさんが80年代に国連大使としてニューヨークに赴任していた時からの知り合いです。そして、ネタニヤフがイスラエルの首相選挙に出ている時、トランプはアメリカから支援をしているんですね。

アメリカとイスラエルの「特別な関係」

そして、このアメリカとイスラセルとの二国間関係は、よくいう「特別な関係」Special Relationと言われます。何が特別かというと、アメリカには同盟国がたくさんあるわけです。日本もそのうちの一つですが、アメリカにとって2番目に大切な同盟国がイスラエルなのだと言われます。1番目はもちろんイギリス、その次に来るのがイスラエルなんですね。

アメリカとイスラエルは、もともとそんなに仲が良かったわけではありませんが、米ソ冷戦時代に中東戦争というのがありました。中東戦争というのは、イスラエルとアラブ諸国の有志連合が戦ったわけです。このアラブ諸国側のバックについていたのが、あのソ連なんですね。イスラエルは、ソ連がバックについているアラブ連合と戦って、勝ちまくるわけです。その結果、アメリカはイスラエルと急速に接近していきます。

今は、アメリカにとって2番目に大事な同盟国という地位を築いています。

イランの核兵器問題

イスラエルにとって、外交面で大きな問題が2つあります。1つ目がイランの核兵器。2つ目がパレスチナとの和平です。イスラエルにとってイランという国は、大きな大きな悩みの種で、イランが核兵器を持ってしまったら、いずれその核兵器によってイスラエル消滅を狙って戦ってくる。この脅威を一番強く感じています。

これとまったく同じ図式が、日本にとっての北朝鮮ということになるわけです。

ですので、イスラエルと日本というのは、同じような立場にあるんですね。違いがあるとしたら、イスラエルはすでに核武装していて、日本はまだしていないということです。

今回のトランプ大統領のイスラエル訪問によって、トランプさんは重要なことを言いました。あるコミットメントをしました。それは「決してイランに核兵器は持たせない」ということを約束したわけです。これはイスラエルにとって、本当に大きなことなんですね。

もともとイランは、西側諸国に経済制裁をされていましたが、オバマさんが2015年に、この経済制裁を解くという取引をします。そのかわりに、核開発はあまりやるなよ――という制限を加えたのですが、この制限というのがものすごく甘い制限で、実態はどうだったかというと、イランは核開発をどんどん進め、それどころではなく、テロリストに支援をする。資金を与える。訓練はする。武器まで与える――ということで、今、ISISをはじめ、多くのテロが世界で起きているその問題の根底にあるのは、イランなのです。

オバマさんという人は結局、中東でイランに核開発を許し、アジアでは北朝鮮に核開発を許し、二つの新たな核保有国をつくるのを助けた大統領なんですね。

でも、ちょっと待ってください。

オバマさんというのは、「核なき世界」という演説をしてノーベル平和賞を取った人ですよね?

でもその実態は、こういうことだったんです。

今回、トランプとネタニヤフが一致したのは、イランには決して核を持たせない。そして、これ以上、テロリストを支援させない。このことで一致しました。

パレスチナ問題

イスラエルにとって、もう一つの大きな問題。それはパレスチナとの和平です。この問題には、アメリカの歴代の大統領が介入し、仲介役を演じ、そしてことごとく失敗してきました。非常に難しい問題で、トランプさんもこの問題というのは“The Ultimate Deal(究極の取引)”、世界でもっとも難しいdeal(取引)と言っているのですが、同時に、「決して解決できない問題ではない」とも言っています。

トランプさんはいつもビジネスマンとして、deal(取引)に対して粘り強い交渉が大事なのだ、ということを言っています。トランプの粘り強い交渉という姿勢が、今回のこのイスラエルとパレスチナの和平に、新しい道を拓くか。これは注目です。

東エルサレムの領有権

トランプさんは、このイスラエル訪問の中で重要な動きをしました。それは、東エルサレムに入ったのです。

東エルサレムというのは、ユダヤ教、キリスト教、そしてイスラム教の聖地が集まっている歴史的な場所です。エルサレムという町はもともと東西に分かれていて、私も行ったことがあります。実は西側のエルサレムはイスラエルの領地ですが、東エルサレムという所は領有権がいろいろ変わって問題になっているのです。

今はパレスチナが、東エルサレムを首都だと主張しています。しかし、実態はイスラエルが実効支配しています。これが問題なんです。ですので、過去のアメリカ大統領は、この東エルサレムには決して足を踏み入れなかったのですが、今回、トランプさんは行きました。行って、ここにある「嘆きの壁」に行ったんですね。

今日最初に出てきたネタニヤフのTwitterで、ネタニヤフはこのことを「大変感謝する」と大喜びしたわけです。

エルサレム「嘆きの壁」

トランプがなぜ、あえて問題にあるような、この東エルサレムに足を踏み入れたのか。それは、「この問題をこれ以上、現状のままにはしないぞ」という意思表示だと思いました。

今まで、アメリカの大統領が中途半端な仲介をしてきたのですが、結局解決してこなかった。しかし、もうこれ以上、この問題を残しておくことは世界のためにも、アメリカのためにもならないので、解決するぞ――という意思表示だと思うのです。

アメリカは「世界の警察官」と言われながら、中東に対して十分な知識がなく、そして下手な介入を繰り返すことによって、結局問題は解決せず、今日に至っています。しかし、今大事なことは、誰かが勇気を持って、断固としてこの問題に取り組むことです。

アメリカの大統領が自分のレガシー、歴史に残るような“遺産づくり”のために、この問題に手を突っ込むと、決してうまくいきません。

私は、このトランプ大統領の交渉術、その交渉力によって、“新しい世界”の道が拓けることに期待しています。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中