北朝鮮の脅威 その凄さを韓国新大統領はわかっているのか? #22

トランプチャンネル、及川幸久です。今日もトランプ大統領のTwitterを見ていきます。

皆さんもよくご存じのとおり、5月14日(日)、北朝鮮はまたしてもミサイルの発射を行いました。今回の北のミサイル発射に対して、トランプ大統領はTwitterでどう反応しているか。

実は、沈黙です。何の反応もありません。

ホワイトハウスはいち早く報道官を通して、コメントを出していますが、トランプさん自身のTwitterでは何も発信していません。

この「沈黙」が、トランプ大統領の一つのメッセージなのだろうと思うんですが。

そこで今日は、北朝鮮のミサイルに対して、過去のトランプ大統領のTwitterの中でどういう反応があったのか、振り返ってみたいと思います。今回は、3月の時点でのトランプ大統領のTwitterです。こういうふうに出ています。

「北朝鮮は今、非常に悪い振る舞いをしている。彼らはここ数年、アメリカを相手に遊んでいるんだ。中国はそれに対して、ほとんど何も支援してくれていない」

こういうことを言っています。

これが3月時点のTwitterですが、このあと米中首脳会談がアメリカでありました。トランプさんは習近平主席に会って、北朝鮮の問題に対して、中国が北にプレッシャーをかけることによって、この問題の解決を手伝ってくれというふうに依頼をしました。「それをやってくれるんだったら、アメリカはもともと用意していた中国との貿易赤字問題に対して、特に中国を為替操作国として認定することをやめるよ」という取り引きをしていたわけです。

それから、もう1カ月たちました。

1カ月たったあとに、今回のミサイルの発射。これがその結果だとすると、中国は結局、何もしていなかった。その結果であります。

ということは、この3月のツイートとほぼ同じレベルに、また戻ったわけです。中国は、ほとんど何もしていない。

北朝鮮ミサイルは「リトマス試験紙」

では、この北朝鮮の問題に対して、今、どうすべきなのか。

今回の北朝鮮の5月14日のミサイル発射に関して、アメリカのヘリテージ財団というシンクタンクが、おもしろい分析を発表しています。アメリカのワシントンにはたくさんのシンクタンクがありますが、その中で特に有力なシンクタンクとして、ヘリテージという財団があるんですね。

ここは、今回のトランプ政権ともっとも近いシンクタンクと言われていまして、特にトランプ政権が今回やったオバマケアの廃止法案を下院で通過させることができました。この法案づくりの一番の立役者となったのが、このヘリテージです。

私もこのヘリテージ財団に知り合いがいるので、ワシントンに行くとここに必ず寄って情報交換をしています。

ここが、今回のミサイル発射について、こういう分析をしています。

5月15日のミサイル発射は、トランプ大統領と韓国の文在寅・新大統領にとって、リトマス試験紙に当たるのだ、という分析です。

北はトランプ大統領の出方を見ている

まず、トランプ大統領にとって、どういう意味でリトマス試験紙なのか。

それは既に報道されているとおり、今回のミサイル発射の特徴は、このミサイルはおそらく、グアムやハワイなどの太平洋のアメリカの基地にまで届くぐらいのミサイルであろう、ということが既に言われています。

ということは、アメリカにとって、もう大変な脅威です。

このミサイルを見て、トランプ大統領はどう反応するかという「リトマス試験紙」として、北は利用しているわけです。

トランプ大統領は先ほど触れたように、これまで中国を使って北朝鮮にプレッシャーをかけるということをやっていましたが、もう中国を使うのは諦めて、トランプ政権が直接この問題にやっぱり出てくるのかどうなのか。これを北朝鮮は見ているのだという意味です。

文在寅大統領にとってのリトマス試験紙

そして、もう一つ。韓国の文在寅大統領にとって、このミサイルはやはりリトマス試験紙だと言っているのです。どういう意味でしょうか?

文在寅氏というのは、選挙期間中から北朝鮮に対しては「制裁ではなく、対話によって解決するのだ」ということを繰り返し言っています。そのように言っていた文在寅さんが、実際に大統領として当選して、わずか数日後に起きたのが、このミサイル発射。

これを見て、北朝鮮側からして、文在寅がどう反応するか。これを試しているわけですね。

文在寅は北の核をどうするつもりなのか?

文在寅はもともと強く北朝鮮との融和、そしてゆくゆくは朝鮮半島の南北統一をすること、これが本当の狙いです。

その時に、北朝鮮が核兵器とミサイルを持ったままで、それを許したままで、それでも南北統一をやろうとしているのかどうか、この辺を北朝鮮は見極めたいのだろうと思われるわけです。

文在寅という人は、その可能性が高いのです。

トランプチャンネルの第17回でも触れましたが、この人の本当の狙いは、南北統一です。

その南北統一というのは、たとえ北朝鮮が今のまま、核兵器とミサイルを持っていたとしても、それでも南北統一をする。それくらいの北よりの思いを持っているわけです。

表面的には、文在寅大統領は今回のミサイル実験に対して、「断固許さない」などと言っていますが、この人の腹の中は本当はどうか、まったくわかりません。北もをそれを試しているわけです。

恐ろしい兵器「電磁パルス」

ヘリテージ財団は今回の分析の中で、もう一つ、非常に恐ろしいことに触れています。それは、北朝鮮が核兵器の一つとして、電磁パルス攻撃ができる能力を持っているのではないか?ということを示しています。

電磁パルス、これは何かというと、通常の核兵器よりも非常に高い、高度30キロから数百キロの高高度の所で核兵器を爆発させ、それによって起こる電磁パルス(EMP)の力によって、地上に破壊的な影響をもたらすという恐ろしい兵器です。

広島や長崎に落とされた原子爆弾は、上空500~600mぐらいの所、ちょうど東京スカイツリーぐらいの高さで爆発しています。ですので、地上では核爆発による熱波や爆風によって、多くの人が亡くなりました。

出典:nexusilluminati.blogspot.jp

この電磁パルスというのは、はるか高い所で爆発させるので、そういう意味で地上への影響はありません。そのかわり、電磁パルスによって一切の地上の電子機器に対して、破壊的な影響がもたらされます。

これによって、地上の現代文明がすべて崩壊し、最終的に数千万もの人々が餓死するという状態に追い込まれるという恐ろしい兵器です。

従来型の核兵器で一つの都市を狙うよりも、より広範囲の地上に対して、もっと破壊的な影響を与えられるということで、大変恐れられているものです。

このEMP(電磁パルス兵器)を、北朝鮮はアメリカをターゲットに、もう使えるのではないか?

このことをヘリテージ財団の報告書は警告しているわけです。

※参考:電磁パルスとは?(Wikipedia)

北朝鮮の脅威は「本物」。文在寅大統領やアメリカ議会はそれをわかっているのか?

ヘリテージ財団が言いたいのは、「北朝鮮の脅威、これはものすごいものであって、もうすでにそのレベルに来ているのであって、そのことをまず韓国の大統領はわかってますか?」ということです。

そして、アメリカに対しても――アメリカは今、前回のトランプチャンネルでも触れましたが、トランプ大統領に対してのFake news、その目的はトランプ大統領の弾劾です。すでに今日、5月17日、アメリカ議会でついに民主党議員がトランプ大統領の弾劾の告訴を、公式に言い始めました。

共和党の中にも、それに同調する議員が出るのではないかという話すら、出ています。このことを受けて、同じ17日、アメリカの株式市場は急落しています。

Fake newsによってトランプ弾劾!?

しかし今、我々が本当に直面しなければいけないのは、北朝鮮の脅威。「これこそリアルだ」ということをヘリテージは言っているわけです。

「北朝鮮の脅威」、これは「本物」です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中