マスコミのヒステリーに騙されるな! #21

及川幸久です。今日もトランプ大統領の最新のTwitterを見ていきます。

5月15日、あのワシントンポストが、またしてもトランプ大統領に関するAnti TRUMP(反トランプ)の報道を始めました。どういうものかというと、トランプ大統領がロシアに対して、国家の機密情報を漏洩したという内容です。

この前の週に、トランプ大統領はロシアの外務大臣と駐米ロシア大使と、会談を行いました。その際、テロに関する機密情報を渡したというんですね。そのことによって、この情報の本来の情報源が危険にさらされることになると、それを批判する報道です。

この報道に対してトランプ大統領は、翌日の5月16日のTwitterで、このようにツイートしています。

「私は大統領として、ロシアと情報を共有したかったんだけど、それはホワイトハウスにもともと予定されたオープンなミーティングの会談の場で、そしてこの情報共有は、そもそも私が大統領として持っている、ある意味で絶対的な権限であると思います。

そして、その情報とは、テロと航空の安全に関する事実についての情報です。

それについて、人道的な観点と、さらに私はロシアにISISとテロとの戦いに関して、彼らにもってステップアップしてもらいたい。もっとこのテロとの戦いを強化してもらいたい、そう思っていたからです」

こんな内容です。

このTwitterから、トランプ大統領がロシア側と、「テロと航空の安全についての事実を共有した」のは明らかになりました。

そもそも、アメリカの大統領は、国家機密の機密扱いを解除する権限を持っています。しかし、このワシントン・ポストはこのニュースの中で、この国家機密というのは同盟国から共有された情報なので、それをロシアに渡すことによって、そもそもこの同盟国から今後情報をもらえなくなるだろうと、それを批判しているのです。

誰が、何のためにマスコミにリークしたのか?

では、このワシントン・ポストの記事はどういう内容なのか。この記事は、わからないことばかりなんですね。

まず、この記事のそもそもの情報源、このワシントン・ポストにリークした人が誰なのか? それはこの記事によると「連邦政府の公務員」、現役の公務員と元公務員、複数いるということが出ています。当然のごとく、名前は出ていません。

そして、その情報が外国の同盟国から来た情報だというのですが、それがいったいどこなのか。それが同盟国のどこかということも、特定されていません。

この情報の中味というのは、ISISに関するものだというんですね。この海外のアメリカの同盟国は、ISISの内部にアクセスする力(情報源)を持っていて、そこから得た情報なので、これがロシアに渡ってしまうと今後、この同盟国がISISに関する機密情報をアメリカに渡せなくなるだろう――と言っています。

そしてここで、このワシントン・ポストの重要な点として、「そもそも政府のすべての公務員にとって、adversary(敵国)に国家機密を渡すことは違法行為だ」と言っています。

これは何を意味しているかというと、ロシア=adversary(敵国)だというんですね。

ワシントン・ポストの前提は、ここにあります。ロシアというのは、そもそもアメリカの敵国じゃないかと。そこに国家機密を渡すこと自体、間違いなく違法なんだと言いたいわけです。

このワシントン・ポストの記事のあと、今度はニューヨーク・タイムスが後追いの記事で追加情報を示しています。このワシントン・ポストが出したリークされた情報はどこの国からかというと、イスラエルからだというんです。その内容は、「ISISが新型爆弾の技術を持っている。その爆弾というのは、飛行機の中にセキュリティチェックを通っても感知されずに、飛行機の機内まで持ち込めるような爆弾を開発している」という情報です。

そして注目すべきは、イスラエルというとトランプさんは今週末、イスラエルに初めての訪問で行くんですね。その直前にこの情報が出ている。

これは明らかに、アメリカとイスラエルの関係に何らかのダメージを与えようとする狙いがあると思われます。

ホワイトハウスの反論

では、この記事に対して、ホワイトハウスは何と反論しているのか。

ホワイトハウスの安全保障担当の大統領補佐官であるマクマスターは、このように反論しています。

「この当日のロシアとの会談には、アメリカ側は大統領とともに安全保障担当の女性の副補佐官であるディナ・パウエルと、国務大臣のティラーソンが同席していた。しかし、この会談の中で、誰一人として、どの会話も法律的に不適当であると感じたものは一つもなかった」というふうに言っています。

そして、マクマスターが強調しているのは、「ここで本当に問題なのは、大統領が国家機密をロシアに漏洩したということではなく、国家機密を誰かが新聞社にリークしたということ自体が問題なのだ」と言っています。

フェイクニュースの法則

トランプさんに対しての、Anti TRUMPのニュースはずっと続いているのですが、私はたぶんこのニュースはFake newsだと思います。

なぜなら、フェイクニュースにはある一定の法則というか、パターンがあるんですね。これは私が言っているというわけではなくて、ある有力なネットニュースが、こんな冷静な分析をしています。

今、トランプ絡みで出てくる反トランプのフェイクニュースには、一つのパターンがある。それは何かというと、ヒステリーとパニックを起こす、というパターンがある。

最初は誰かのリークから始まる

前回のトランプニュースの第20回でも扱いましたが、ロシアが昨年の大統領選に介入したという疑惑もそうですが、そもそもこういうフェイクニュースに当たるものは、まず最初に誰かのリーク(情報漏洩)から始まります。

そして、それは必ずヒステリーとパニックを引き起こすのが目的です。

そのプロセスは、まず各新聞社が、このリークされた情報に関して、皆そこに意識を集中し、すべての新聞がこのリーク情報に飛び付きます。

その次に、インターネットがその情報に関して、情報を発信し始めます。

その次に出てくるのがテレビ局。テレビ番組が、このリーク情報を扱い始めます。

このプロセスを通って、リークされた情報というのは思い切り大きな情報となり、ニュースとなり、それがパニックを引き起こします。特にテレビが出てきた時には、テレビのニュースというのは、この情報を使って、どうやってトランプ大統領をもっともスキャンダラスで、もっとも卑猥な言葉で、トランプ大統領に「罪」を押しつけることができるかというのを、真剣に考えた結果の報道が次々と起きてくる。

ある種の「ヒステリー」である、というふうに分析されています。

いったい何のために?真の狙いは「大統領の弾劾」

では、何のためにそんなことをやっているのか?

その目的は、ただ一つ。トランプ大統領の「大統領弾劾」です。

韓国の朴槿恵大統領が、議会によって弾劾されました。これとまったく同じように、アメリカの議会、今特に野党の民主党とマスコミは、トランプ大統領の弾劾を明確に狙っています。そのための手段が、このフェイクニュースなのです。

ヒラリーの「最高機密の漏洩事件」を忘れてはいないか?

さあ、ここでちょっと思い出してみたいことがあります。

今回のこのワシントン・ポストの情報は、トランプ大統領が国家機密を漏洩したという話でした。国家機密の漏洩というと、昨年出てきた、ヒラリー・クリントンが私用メールを使って国家機密をばらまいた、という話がありました。

ヒラリーさんは、本来であれば国務省のメールを使わなければいけないのに、私用メールを使って、その私用メールのサーバーにものすごい数のメールが保存されていました。そのメールを国務省は押収し、そのほとんどを公開したわけです。

しかし、22通のメールだけは、公開できませんでした。

なぜかというと、そのメールには国家機密の中の、まさにトップシークレットが書かれていたからです。

ヒラリー・クリントンは国家のトップシークレットを、なんと私用メールのサーバーに保存し、それをメールのやりとりでばらまいていたわけです。

マスコミは、いまだにこのニュースを真剣には追及していません。なぜこれを追及せずに、トランプさんのあるかないかわからないロシアの疑惑に、一生懸命なのでしょうか?

フェイクニュースに騙されるな

ここで、はっきりさせなければいけないのは、我々はこんなフェイクニュースにだまされてはいけない。

日本のマスコミも、アメリカのメディアが、アメリカの有名なワシントン・ポストや、ニューヨーク・タイムスや、CNNが報道すると、すぐそれをそのまま訳して日本語で報道していますが、ちょっと待ってください。自分で調べたほうがいい。

フェイクニュースはフェイクニュースであって、そんなものに、これ以上視聴者はだまされません。

私たちが今、本当に真剣に求めなければいけないのは、REAL NEWSなのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中